ホーム>住建ブログ>山梨県リフォーム>家計にお得・コロナ エコキュート 山梨県注文住宅 住建
山梨県リフォーム

家計にお得・コロナ エコキュート 山梨県注文住宅 住建

コロナ エコキュートへの取替え工事

甲斐市敷島団地T邸エコキュート取付工事

P1070425.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

P1070934.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060717.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

既存ガス温水器を撤去して コロナエコキュート370L フルオート・追い炊き                          CHP-37AW1での施工です。

1省エネ保温  2ふろ配管 自動洗浄機能  3汚れんコート 機能付

エコキュート定価¥755,000-⇒¥290,000-

既存温水器撤去処分・基礎工事・給水配管工事・追い炊き配管工事・リモコン工事費

工事代金合計¥520,000-(消費税込)

工事施工期間は3日です。

 

 

ヒートポンプ式温水床暖房システム

現在甲斐市A邸デザイン住宅 LDKはコロナエコキュートでの 温水床暖房で施工中です。

乾燥は気にならない。他の暖房器具と併用しなくても快適!

温風を吹き出さないので、エアコンを使ったときのような乾燥は気になりません。赤外線によるふく射熱で部屋全体を均一に暖めるため、室温が16~18℃でも快適。
エアコンなど他の暖房器具を併用しなくても心地よく過ごせます。

コロナ温水床暖房は↓

http://www.corona.co.jp/ecodanfloor/index.html

 

P1070007.jpgのサムネール画像のサムネール画像

P1070008.jpgのサムネール画像

 

 

温水式電気床暖房についてもっと詳しく知りたい

温水式電気床暖房には、主にヒートポンプを用いてお部屋を暖めます。
ヒートポンプは、空気の熱を冷房や暖房などに有効活用するシステムで、効率よくエネルギーを生み出すことができます。

4つの特徴

  • 温水を作る熱源が電気

    電気ヒートポンプで空気の熱を活用するため、高効率です。すでにエコキュート搭載の家なら、床暖房用のヒートポンプを追加購入することで導入できます。
    ※ 多機能式で床暖房も可能なエコキュートもあります。

  • 立ち上がりはやや遅め

    ヒートポンプで温めた温水を使用した床暖房なので、じっくりじんわり床面が暖まっていきます。タイマー機能や立ち上がりの際だけ補助暖房を活用するなど工夫が必要です。

  • 床暖房専用のヒートポンプを設置

    一般的なエコキュートを使用中のご家庭は給湯用のエコキュート&ヒートポンプだけでは温水式床暖房を利用することはできません。追加で床暖房専用のヒートポンプを設置する必要があります。多機能型エコキュートの場合はそのまま床暖房も対応可能です。

  • 初期費用がかかるが、ランニングコストがお得

    熱源機の導入には床暖房用ヒートポンプが50万円、多機能エコキュートだと100万円ほどの費用がかかります

 
ランニングコスト

  コロナ独自のヒートポンプ技術を生かした、高効率でパワフルな暖房だから、ランニングコストが大変おトクです。ガス式温水床暖房と比較しても、約1/2のランニングコストなので、省エネ、経済性という観点でも優れた電気暖房といえます。

※条件:ガス熱源:効率0.8、ヒートポンプ熱源:効率3.0、エネルギー価格、電気=22円/kWh、都市ガス179.9円/(ガス事業便覧 平成20年度版より)、暖房面積33、設定温度20℃、運転時間18時間/日として算出。住宅性能や地域、使用条件によりランニングコストは変化します。上記試算はあくまでめやすとしてお考えください。




 

4系統床暖房制御

  4回路ヘッダー内蔵で、最大4部屋の多彩な床暖房システムプランに対応。また、フロアマット使用で最大30畳※1の床暖房が可能で、様々な住宅プランに合わせて柔軟に対応できる床暖房システムです。 ※1 パネルの種類により制約があります。


注)温水ルームヒーター、パネルコンベクター、ファンコンベクターへの接続はできません。
※床暖パネル敷設畳数21畳、次世代省エネルギー基準相当の住宅断熱性能を有する場合、床暖房の適用畳数は住宅断熱性能・床暖房の運転時間・パネルの種類等により変わります。




 

除霜システム

  コロナ独自の除霜システム「H・D・C(ホットデフサイクル)」で、冬場室外ユニットに発生する霜の発達と霜取り運転中の暖房感の低下を防ぎます。
※右記イラストはイメージです。実際のシステムプランとは異なります。


床暖房リモコン

  床暖房リモコンは、白を基調としたスタイリッシュなデザインで、見てすぐ分かる使いやすさにもこだわっています。また、2つの暖房エリアの面切替・温度調節やタイマー運転が可能で、自由自在な床暖房をカンタン操作で実現します。








フロアマット



フロアパネル

 

 

 

 

 

コロナ エコキュートへの取替え工事

 甲府市塩部H邸エコキュート取付工事

 

 P1060476.jpg

 

P1060713.jpg

 P1060717.jpg

既存電気温水器を撤去して コロナエコキュート370L フルオート・追い炊き                          CHP-37AW1での施工です。

1省エネ保温  2ふろ配管 自動洗浄機能  3汚れんコート 機能付

エコキュート定価¥755,000-⇒¥290,000-

既存温水器撤去処分・基礎工事・給水配管工事・追い炊き配管工事・リモコン工事費

工事代金合計¥520,000-(消費税込)

工事施工期間は3日です。

 

コロナエコキュート

コロナは、東京電力とタイアップして研究開発に
携わり、初めて販売したメーカーで信頼出来ます。 客観的評価を記します。

特徴として
・新潟(金属加工・生産の本場)のメーカーらしく作りが良心的で、・最も肝心なタンクの成形が
 特によい。
・タンク内の温度センサーが多目なのでコントロールがきめ細かい。
・湯の取り出しが、通常は 高温湯+水で混合するが、・中間温度帯から多くを取り出すので
 省エネ性が優れている。
・バルブに形状記憶合金を使用しているので、・昨年の停電時でも安定
 して湯を使うことが出来た。
・氷点下のような低温にも強く、サービス対応の評判もよい(地区により、異なりますが)。

 コロナ エコキュート

コロナ エコキュート

特長

「世界初であるという責任」
2001年4月、世界初の家庭用エコキュートはコロナから発売されました。コロナは家庭用エコキュートを世に送り出したものの責任として、1台でも多くのエコキュートをご家庭にお届けできるよう、常によりよい製品の開発に力を注いでいます。明日の地球を守るのは、コロナエコキュートです。
以下はCHP-H4619ATについてご紹介します。

床暖房、給湯、ふろ自動お湯はりが可能。

1台のエコキュートで給湯・ふろ自動お湯はり・床暖房が可能。家族みんなが快適に過ごせます。

1台のエコキュートで給湯・ふろ自動お湯はり・床暖房が可能。

※次世代省エネルギー基準相当の住宅断熱性能で26畳を暖房した場合は、暖房使用時間を16時間以内としてください。
(夜間のお湯をつくる運転時間を除く)使用状況により補助暖房が必要になる場合があります。

床暖房出力最大2.9kW。最大26畳分、※1床暖できる!

最大4回路(最大26畳)まで設置できるので、ご家族それぞれのお部屋で床暖房が可能です。
※1:床暖房パネル敷設置数18畳、次世代省エネルギー基準相当の住宅断熱性能で26畳を暖房した場合は、暖房使用時間を16時間以内としてください。(夜間のお湯をつくる運転時間を除く)使用状況により補助暖房が必要になる場合があります。
※2:条件:次世代省エネ基準Ⅲ地域給湯負荷IBEC-Lモード(換算421L:43℃)で23畳まで

24時間運転可能!

コロナ独自の省エネ技術を採用。

エジェクスⅠ
ヒートポンプユニットには、これまでの冷凍サイクルに独自のエジェクター回路を搭載し、さらなる省エネに成功しました。「エジェクスⅠ」は、これまで排出していた水加熱後に発生する冷媒のエネルギーを低減し、ヒートポンプの効率を高めます。

※エジェクスⅠとは、ヒートポンプユニット冷媒回路に「エジェクター」を搭載し、冷媒の流れのムダ、ロスをなくすシステムのことです。
エジェクス/EJECSは、(株)デンソーの登録商標です。

エジェクスⅠイメージ

エジェクスⅠ

マルチサークル追いだき+省エネ給湯回路
追いだきには、タンク内部の熱を上手に使う『マルチサークル追いだき』を採用。タンク内に熱交換器を持つ「内熱交換方式」で、「外熱交換方式」と異なり、大気への放熱がありません。また、『省エネ給湯回路』を搭載することで、追いだきで温度低下したお湯をムダなく使いきるだけでなく、翌日の沸き上げ効率も向上させました。

マルチサークル追いだき+省エネ給湯回路


特殊成型断熱材
コロナ独自の「特殊成型断熱材(発泡性耐熱AS系樹脂)」を採用し、貯湯タンク・周辺配管を保温材に収容することで、優れた保温性を実現しました。

特殊成型断熱材と比較実験(実機実験)

デザイン性とユーザービリティを両立したリモコン。

WEBでのユーザビリティ調査をもとに開発した、「使いやすさ」と「わかりやすさ」にこだわったリモコン。おしゃれなキッチンやこだわりのバスルームにとけこむデザインです。

デザイン性とユーザービリティを両立したリモコン。

詳しくはメーカーHPご覧下さい。

 

 

甲府市大里町O邸コロナエコキュート取付工事

P1050941.JPGP1050950.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

電気温水器のタンクより、温水が漏れるのでエコキュート

への取替え工事を依頼されました。

約半日の工事で,給湯専用370L取付

既存撤去処分含む 工事代金合計¥390,000-(消費税込)

 

エコキュート とは?

エコキュート とは、簡単に言えば、環境を考え開発されたヒートポンプ式の家庭用給湯システムのこと。

主な特徴は、コンプレッサーで大気の熱を汲み上げ、給湯の熱エネルギーをつくるヒートポンプシステムなので、使用する電気エネルギーに対して約3倍の熱エネルギーを得ることができること。また、ヒートポンプシステムの冷媒としては、従来のフロン系冷媒ではなく、自然界に存在するCO2(二酸化炭素)を使用するため、オゾン層破壊や温暖化ガス排出の抑制につながること。そして、昼間よりも割安な夜間電力を使用し、効率的なヒートポンプシステムと組みあわせることでランニングコストを低減できること、などが挙げられるでしょう。

従来からある電気温水器は、ヒーターで水を沸かしますが、エコキュートは自然冷媒であるCO2を使ったヒートポンプシステムによって、大気中の熱を汲み上げ、給湯に必要な熱エネルギーとして利用するもの。形態としては、ヒートポンプユニットと貯湯ユニット(タンク)のふたつからなります。

ちなみに、エコキュート名前の由来は、「エコ」は環境にやさしい、「キュート」は給湯そのものと、かわいいという意味を含めているとか。エコキュート という名称は商品名ではなく、電力会社や給湯機メーカーが「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」を総称する愛称。カタログなどを見るとわかるように、さまざまなメーカーの商品についている名称です。

 

家族構成や住まいに合わせて選ぶ

エコキュート には、スタンダードなタイプのほか、薄型やコンパクトサイズのタイプ、集合住宅用もあります。タンクの容量もさまざまなので、家族構成やライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

タンク容量のおおまかな目安としては、2~3人家族であれば300リットル、3~5人であれば370リットル、4~6人であれば460リットル程度と言われています。

また、3階にバスルームを設置する場合などには、パワフルなシャワーが可能な高圧タイプや水道直圧タイプを選ぶことが必要ですし、エリアによっては、塩害タイプや寒冷地タイプを選ぶことも必要になるでしょう。


また、エコキュート には学習機能が付いており、それぞれの家庭のライフスタイルにあった湯量を過去の使用量などから判断、必要な量だけを湧き上げてくれることも。加えて細かな付加機能タイプもあるので、上手に設定すれば、無駄を減らし、省エネ効果をアップさせることもできるでしょう。

その他、給湯や風呂自動お湯はり以外に、浴室換気乾燥暖房や床暖房と連動するものもありますし、地震などの災害時に断水してしまった場合には、タンク内のお湯を生活用水として利用することも可能です。プランニングの際には、エコキュート単体での機能だけでなく、住まい全体に必要な機能を考慮して検討するようにしましょう。
 

         山梨県注文住宅 リフォームから 新築まで 山梨県甲斐市の 住建に!

住建バーナー.bmp 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.reform-jyuken.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする