ホーム>住建ブログ>2012年9月

2012年9月

ダブル発電とは?知らないと損するダブル発電 山梨県注文住宅 住建

 

太陽光

10kW以上

10kW未満

10kW未満
(ダブル発電)

調達価格

42円

42円

34円

調達期間

20年間

10年間

10年間

 

ダブル発電のメリット

太陽光発電と燃料電池(エネファーム)の組み合わせを「ダブル発電」と呼びます。
ダブル発電の特徴として、光熱費の節約・売電量の増加などが挙げられます。

太陽光発電は、太陽の光という自然エネルギーを利用して発電するシステムです。当然ですが、曇れば曇るほど発電量は低下してしまいます。そのため、天気によっては、自宅で消費する電気すらまかなえなくなってしまうこともあります。
「せっかく太陽光発電システムを導入したのに、電力会社から電気を買うなんてもったいない」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

天気に左右されないエネファームですが大きなデメリットが…

そこでエネファームの登場です。
エネファームは天然ガスを用いた燃料電池ですので、天候により発電量が左右されることはありません。雨が降ってもエネファームで発電することにより、光熱費を抑えることができます。
天気があまり良くない日でも、太陽光発電とエネファームを併用することにより、無駄なく発電することができます。

ただ、残念ながら、エネファームで発電した電気は法律により売ることはできません。
しかし、エネファームで発電した電気は、優先的に自家消費分にまわすように設定されているため、家で使う電気はエネファームで、売電する電気は太陽光発電で、といったように分けることができます。

もちろん、発電設備を2つ導入するわけですから、費用はその分増えてしまいます。
しかし、太陽光発電もエネファームも条件を満たせば、それぞれ国から補助金を受給することができます。

 

                                                  リフォームから 注文住宅まで 山梨県甲斐市の 住建に!

住建バーナー.bmp